CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
trensa

Facebookページも宣伝




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Click for オアハカ, Mexico Forecast
OTHERS

trensa blog

SMALL THINGS FROM MEXCO
メキシコ雑貨トレンサ アンダーソン優子のブログです。
<< さる屋さんの「オアハカの手仕事展」のご案内 | main | ベニータさんのカゴバッグ@松庵文庫 >>
刺繍のワークショップ


清澄白川のバハールさんで開催中のさる屋さんの「オアハカの手仕事展」
内のサンアントニーノ村の刺繍のワークショップに参加してきました。

講師は会場であるバハールさんのオーナーの春日一枝さん。
手芸や手仕事に精通した、編集ライターさんでもあります。



今回は、サンアントニーノ村の刺繍職人のマリアさんの手描きの下絵を
使って刺繍をするという、なんとも贅沢な機会。
昨年、体調不良でマリアさんのところへ行くことが叶わなかった
私の母も、声を掛けたらひとつ返事で「行く!」となり、
母と並んで、チクチク、刺繍体験。
難しいのだけど、なんだか楽しくて、2時間はあっという間。



このハンカチくらいは刺繍できるだろうと思ったのがあまかったです。苦笑
私の不器用さのせいもあり、2時間で仕上げられたのはこれだけ。
いつもお取扱いさせていただいている、オアハカの刺繍ブラウス一枚を
仕上げるのがどれだけ、手間と時間がかかるかということを、
改めて、自分が体験することで身に染み、職人さんらの凄さを思い知らされます。
刺繍の技術もそうなんですが、糸の色選びも一仕事です。



これが、現在バハールさんで展示されている、
マリアさんの刺繍など(左手前上はイスモ地方の)が施されたブラウスたち。
改めて見ると、その凄さがより伝わってきます。

相変わらずヌケヌケの私は、購入した刺繍クロスだけを大事に握りしめ、
自分が刺繍したものを、お店の外に落として帰ってきたという。
管理人さんが拾ってくださり、それを見た春日さんが
すぐ私の刺繍だと分かり、ご連絡してくださいました。
心から感謝です。実はその前に携帯も忘れて一度取りに帰ったという。苦笑

今回ワークショップに参加された方は、メキシコが好きな方や
手芸が好きな方等など。楽しいお喋りも交えて、とても楽しい時間でした。
中には、オアハカリンドの読者さんもいらして、嬉しくも恥ずかしくも。。。
本当にありがとうございます。



バハールさんは、fukadasoという古いアパートをリノベーションして、
2階にお店やギャラリーなどが入っているビルにあります。
とても可愛いスペースで、週末は1階のカフェスペースも開いているのだとか。



バハールさんの入口では、ピニャータみたいな、オハリコのロバさん2頭がお出迎え。
春日さんの可愛い世界がいっぱい詰まった場所でとても心地良かったです。

さる屋さんの手仕事展は今月30日土曜日まで開催中です。
まだまだ可愛い刺繍ブラウスや、オアハカの民芸品も沢山あります。
なんと、刺繍ブラウスは大人気で、急遽追加発注で
オアハカから届いたものもあるそうですよ。

イベントの詳細はさる屋さんのブログか、
バハールさんのHPでご確認ください。



 
| - | 18:23 | - | - |