CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
trensa

Facebookページも宣伝




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Click for オアハカ, Mexico Forecast
OTHERS

trensa blog

SMALL THINGS FROM MEXCO
メキシコ雑貨トレンサ アンダーソン優子のブログです。
<< メキシコ展が三軒茶屋にやってくる | main | 蘇えるマヤ・アステカの色ー白田良子の世界ー >>
リラ・ダウンズの新譜とレビュー記事
Shake Away/Ojo de Culebra
Shake Away/Ojo de Culebra
Lila Downs

新譜といっても、発売されたのは数か月前のものですが、
昨日の「ファイナンシャル・タイムズ」の音楽レビューで
彼女についての興味深い記事が出ていたので、少しご紹介。

ご存じの方も多いと思うのですが、映画フリーダで一躍
有名になったリラ・ダウンズは、アメリカ・ミネソタ州出身の教育者の父と、
メキシコ・オアハカ出身のキャバレーシンガーの母を持つメキシカンアメリカン。
幼い頃から、メキシコとアメリカを行ったり来たりの生活だったそうです。
こんな風にもコメントをしています。

Mexico and Minnestoa are a log way apart -
geographically, culturally, climate-wise.
I feel divided within.
But music has enabled me to express that.

ミネソタの大学卒業後は、メキシコに戻り、
人類学者としての道を歩む傍ら、キンセニェーラ(メキシコの成人式)や
結婚式などで、演奏を続けていたそう。
その頃に、社会派シンガーのメルセデス・ソーサの音楽との出会いで、
歌手としての道に本格的に進んでいったそうです。

その偉大なる、ソーサがこの新しいアルバムに参加しているというから驚きです。
ソーサが参加している曲は「Tierra de Luz」。
祖国を離れて暮らす人たちがテーマの曲です。

また、記事の中で、「あなたは、自分をアメリカ人、それともメキシコ人、どちらだと強く感じるか?」という問いかけにこう答えています。

I wish I had all the positive traits from my American upbringing
and all the positive traits from my Mexican one.
From America there is a search for the truth, in and almost Lutheran way,that I hope I am living as a human being.
But, my soul is Mexican.I really relate to my Native American roots.

二つの祖国を持つリラダウンズ。
頭で考えることと、心で感じるものは、やはり相違するところがあるようですが、
だからこそ、彼女が発信できる独特のものがあるのだなあと感じます。
私の旦那がミネソタ出身ということもあり、余計に他人事とは
思えない彼女のコメントや作品たち。
この記事を読んで、改めて新作のみならず、
昔の彼女の作品を聴きこんでみたいと思います。
| 音楽 | 10:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
おひさしぶりです!
確かに、オアハカとアメリカのカルチャーイメージが混ざり合っているCDジャケットですね。
彼女が言うように、こうして人種が混ざり合いながら、皆が争わず、協調し、いいところだけをかき混ぜていくMELTING POT 的人間になれたらいいのになと思います。
| masami | 2008/11/18 8:10 PM |
masamiさん>

こんにちは。
収録されている曲も、アメリカっぽいのもありました。
でも、メキシカンな方が良かったですけど。笑

おっしゃる通り、それぞれの文化の良いところが
うまく混ざり合っていけたら素敵ですね。
私も頑張ります。
| ユキート | 2008/11/25 6:09 PM |









トラックバック機能は終了しました。