CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
trensa

Facebookページも宣伝




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Click for オアハカ, Mexico Forecast
OTHERS

trensa blog

SMALL THINGS FROM MEXCO
メキシコ雑貨トレンサ アンダーソン優子のブログです。
オアハカ・リンド展@京都の風景

写真撮影:parammmデザイン事務所

オアハカの女性たちが身に付けている、カラフルな刺繍入りエプロンと、お遣いバッグ、サンダル、クロスの展示です。(全て非売品)冗談じゃなくて、本当にこんなラブリーなものたちを身に付けている女性がいっぱいいるんですから。笑
| オアハカ・リンド展 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
オアハカ・リンド展@京都の風景

写真撮影:parammmデザイン事務所

トレンサの主力商品でもあるシルバーアクセサリーとブリキ小物。
カラフルなブリキ缶ケースはいつも人気で、これはアクセサリー用に特注で作ってもらっています。
| オアハカ・リンド展 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
オアハカ・リンド展@京都の風景

写真撮影:parammmデザイン事務所

いらっしゃいませ。京都オアハカ・リンド展の入口です。
近所の方が差し入れを持ってきてくれたり、お散歩中の方が覗きに来てくれたり、
町屋ならではのヒトとヒトとのあたたかいコミュニケーションが多い会場でした。
| オアハカ・リンド展 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
オアハカ・リンド展@京都 三日目のヒトコマ

写真撮影:parammmデザイン事務所

写真は、二日目のお話会にご参加いただいた、グアテマラ通の画家であり写真家である篠田ゆかりさんのご紹介で遊びに来てくれた京都の大学生とのおしゃべり風景。この夏、メキシコへ行ってきて色々感じてきたそうです。私も彼女の年の頃、メキシコに目覚めちゃったので何だか親近感を感じました。この写真、ちょっとお気に入りです。笑

| オアハカ・リンド展 | 17:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
オアハカ・リンド展@京都 二日目:ヒトを繋げる心地よい空間

こんなオレンジのマリーゴールドが京都の町で簡単に見つかるなんて何かのご縁!?

イベント二日目は何と言っても、3時から行った「お話会」が印象的でした。お話するのは私だったけれど、とにかくそこに集まった方々のメキシコ熱エネルギーがすごくて、独特の空気が流れていた時間と空間でした!当日、1時くらいからこのお話会に参加したいという方々が集まり始め、あれよと言う間に定員オーバー。大阪や神戸から来て下さった方もいらっしゃいました。また、東京からたまたま来ていた友人の友人の参加もとっても嬉しかったです。

スタート時間より随分前から、奥の座敷には人が入り始め、各自自己紹介などが始まり、この時点で既に何だか「繋がり」が生まれ始めていたのです。そのお陰で、こういったお話会が苦手な私も、すっかりリラックスモードで、等身大でお話できたかと思います。また、お話を聴いて下さる方の真剣であたたかいまなざしも、私の緊張をほぐしてくださいました。

ちなみに初日のお話会の参加者は1名だったので、のんびり構えていた私ですが、メキシコへの思いが熱い方々に囲まれ、濃い濃い会でした。今回、参加できなかった方、本当にごめんなさい。こうして「メキシコへの思い」だけで、初対面だとしても人は繋のだからすごいです。お話会終了後、私が退席した後も、参加者の方々の間でまだまだ話は盛り上がっていたようで、「京都 メキシコ会」ならぬものまで発足してしまったようです。既に、忘年会をやろうなんて声まで挙がっていました。私も参加したい。(笑)

でも、こういった「人との繋がり」が、多少なりともこのイベントを通じて出来たことが何よりも嬉しく思いました。また、そんな繋がりを生んだひとつの要因に、会場に流れていた「いい気」があったのではないかと思います。Casa de Banano(バナナの木の家)は長屋という日本家屋の古くてシンプルで素敵なスペースですが、そこに管理人さんのあたたかいお人柄や、こだわりの生き方が滲み出ているスペース。ここに来たら、誰もがその居心地の良さに、長く居座ってしまうような空気が流れてました。(実際にここに泊まった私は、東京に帰りたくないと感じていたほど気持ちの良い滞在をさせていただきました。)奥庭に生えたバナナの木の神様が宿っているのかなあ?

そして、関西女性パワーって何だかオアハカ女性パワーと重なるところがあるような気がしたのは私だけでしょうか?みんな「人間味溢れていて、あったかい」!東京のヒトがそうではないと言う意味ではないのですが、とにかく、京都の女性ってみんなそうなの?って思わせてしまうほど、今回集まった方々のエネルギーがすごかったのです。お話会以外は、私より、皆さんがお話していた時間の方が長かったのでは?(笑)とにかくいい意味で、すごいテンションでした。 

この後、暗くなってからも、またまた違った意味で濃いメンツが集まる独特の空気が流れる素敵な場になりました。この空間はやっぱり何か人を引き寄せるパワースポットなのかもしれません。まじめにそんな風に感じさせる、素敵な出会いが満載の一日でした。私の方が元気をいただいてしまいました。本当にありがとうございました。
| オアハカ・リンド展 | 09:52 | comments(3) | trackbacks(0) |
休憩タイムはオアハカコーヒーと栗饅頭で


管理人さんが、イベントのDMも置いてくれたという近所の美味しい和菓子やさんで買ってきてくれた栗饅頭とオアハカコーヒーでコーヒーブレイク。缶詰でも冷凍でもない、フレッシュな栗が使われたこのお饅頭は、餡子も多すぎずにかなり好みの味でした。これがオアハカコーヒーとばっちり合うんです。横でガイコツちゃんもにんまりしてました〜。謎の「シンコ」という京和菓子に次回はトライしたいです。
| オアハカ・リンド展 | 01:07 | comments(7) | trackbacks(0) |
オアハカ・リンド展@京都 初日

手前は商品、奥には現地の女性が見に付けているエプロンやバッグを展示。一部非売品です。笑

「京都」でのイベント初日。市内のジュンク堂書店さんでイベントの存在を知って来て下さった方や、来春のオープンのための素材探しでわざわざ大阪から来て下さったご夫妻、通りがかりの観光客、ご近所のに住む人々、このブログやミクシーの掲示板を見て来て下さった方々など等、Casa de Bananoの管理人さんと、もう一人の友人以外は、来場者の方全員初対面。それなのに、本当に多くの方々が初日から足を運んでくださった。

何と言っても、お会いする方々皆さんあったかい。憧れの可愛らしい京都弁が生で沢山聞けて、なんだかほっこりしてしまう。町屋という場所というのは、こんな風に人が出たり入ったりするところなのかもしれない?なんて勝手に思ったりして。今日も、友人と話していたのだけど、私は「モノ」を通じて、人と繋がりたい、繋がっているんだなあ、ってつくづく思ったのでした。ビバ・オアハカ!ビバ・キョート!

☆イベントの写真はCasa de Bananoの管理人さんのブログで詳しく載せてくださっています。コチラからどうぞ。
| オアハカ・リンド展 | 00:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
京都より戻りました

京都オアハカ・リンド展の会場となった長屋入口

京都東山で三日間開催された「オアハカ・リンド」を無事に楽しく終え、東京に戻ってまいりました。もう京都大好きになってしまいました〜。短い間の少ない告知にも関わらず、沢山の方に足をお運びいただき、ありがとうございました。中には、お話会のために、大阪から来ていただいた方が何人もいらっしゃったりしてびっくり。東京や名古屋からのお客様もいらっしゃいました。とにかく濃い3日間で、一言で感想が言えないので後日ぼちぼちアップします。シンプルなのにとてもあたたかくて、心地の良い空間を提供してくださった、Casa de Bananoの管理人さんと、イベントを盛り上げてくれた、美味しいオアハカコーヒーを焙煎してくださったグラウベルの狩野さん、あたたかく見守ってくださったご近所の皆さま、そしてお越しいただいた皆様にも、心から感謝しています。取り急ぎ無事終了のご報告とお礼まで。
| オアハカ・リンド展 | 23:10 | comments(5) | trackbacks(0) |
明日から京都でオアハカ・リンド展スタート


明日から始まる、京都で開催するオアハカ・リンド展のために京都に来ています。昼間は、本の営業やイベントのDM配布であるき回り、夜中にようやく展示ディスプレイがほぼ完成。写真家のCasa de Bananoの管理人さんにこんなに素敵な写真を撮っていただいたので、アップさせてもらいました。オフェレンダチックにしたくて、オレンジのマリーゴールドを見つけて飾ってみました。とにかく、キャンドルに照らされた、アソンパ村のエンジェルの素焼きの陶器がたまらなく可愛いのです。(この陶器はCasa de Banano管理人さんの私物です)。例えば、こんなディスプレイも。

イベントでお出しする、グラウベルさんのコーヒーも届きました。こちらも、あまりにも素敵なパッケージに感動。早速、自分たち用にコーヒーを淹れて楽しんでしまいました。

いよいよ京都展は明日から。のんびりお待ちしています。笑
| オアハカ・リンド展 | 01:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
オアハカ・リンド展@京都町屋 Casa de Banano
  
オアハカ・リンド展 京都会場の長屋Casa de Bananoの内装。シンプルでとっても素敵です。

金曜日から始まる京都でのオアハカ・リンド展のために、明日から京都出張です。
なんと!オアハカは高校時代に行った修学旅行ぶりでした。ということはほぼ20年ぶり!?とっても楽しみです。

東京での「オアハカ・リンド展」ではとてもラブリーな女の子のお部屋のような空間でオアハカの雑貨たちが可愛く並びましたが、京都では、写真のようなシンプルで和の空間が、どんな風に可愛いメキシコ色に染まるか、私自身が楽しみで仕方ありません。(自分でやるのですが。笑)

先日のイベントや、昨日の勉強会からも、自分自身が確認したことのひとつに、「トレンサの商品を通じてメキシコの魅力を伝えたい」ということと同時に「日本のシンプルな生活の中に、ひとつあればちょっぴりハッピーになる、元気になる」というものづくりをしていきたいなあということがあります。

上手に言えないのですが、メキシコのモノたちでメキシコチックに染め上げてしまうんじゃなくて、今そこにあるものを大事にしながら、プラスアルファ、もしくは新しく生み出される幸せをお届けできたらなあって、なんだか漠然としたことを考えたりしています。

京都は今、紅葉も見時だそうですよ。
11月30日(金)〜12月1日(日)の三日間
是非Casa de Bananoのオアハカ・リンド展へおいでください。

■イベントの詳細はコチラからどうぞ

■Casa de Bananoの関連ブログ「地球アパートメント」はコチラ
| オアハカ・リンド展 | 23:50 | comments(5) | trackbacks(0) |