CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
trensa

Facebookページも宣伝




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Click for オアハカ, Mexico Forecast
OTHERS

trensa blog

SMALL THINGS FROM MEXCO
メキシコ雑貨トレンサ アンダーソン優子のブログです。
美味しいメキシコ


メキシコをはじめとした、ラテンアメリカから豊富な食材や酒類を
輸入している、リード・オフ・ジャパン(株)から、カタログが届きました。

その名も、Que rico Mexico!(美味しいメキシコ)
中を開けると、カラフルで楽しくなるような写真やイラスト、
そして、メキシコ食材やビール、ワインについての
とても興味深い情報も満載で、商品カタログだけにしておくのは
もったいない内容のステキな一冊に仕上がっています。
メキシコ料理の写真は、どれも美味しそうでお腹がなりそうです。笑



特に、わたしが気になったのは、ボヘミアビールのページでした。
フリーダ・カーロも愛したビールなんですって。
特に左上の羽のついた小さなフリーダが飛んでるイラストにほっこり。

また、テカテやドスエキスなど、メキシコビールの発祥の地は
Monterrey(メキシコ北部にある、現在は工業都市で有名)で
あることも、知りませんでした。

実はこのカタログ、トレンサのホームページや印刷物などを
いつも手がけてくれているデザイナーのお友達
木村信子ちゃんが作成したものなんです。

どちらかというと、Spain Loverの彼女ですが、
なぜかメキシコとのご縁が深く、影にメキシコを愛するハートを
隠し持っていることを、このカタログを見て、確信しましたよ。笑

グリーントマトやノパリートス(ウチワサボテン)、ハラペーニョなど、
ふつうのスーパーマーケットではなかなか手に入らない食材や、
ラテンアメリカの酒類にご興味のある方は、
ぜひ、リード・オフ・ジャパンに問い合わせしてみてください。

食は目で楽しむ部分もいっぱいありますね。
カタログを何度も眺めながら、メキシコ料理が恋しくなってます。笑

| COMIDA | 11:23 | - | - |
子どもと食べるメキシコ料理


メキシコ料理は「辛い」というイメージが強いせいか、
小さな子どもには食べられないと思っている方も少なくないようです。

確かに、スパイスをたっぷり使った料理も多いのですが、
中には、子どもでも、シンプルであっさりと食べられるものもあるんです。



例えば、チーズをトルティーヤに挟んで焼いたキャサディーヤや、
チキンでとった出汁で野菜いっぱいを煮込んだソパ・デ・コンソメは、
一歳8ヶ月の息子も大好きなので、わが家でも時々作ります。
(上手にキャサディーヤと言えずに「カサイーア!カサイーア!」と言ってます。笑)

勿論、それらにチリやコリヤンダーなどのスパイスは入れませんが、
息子の場合は酸っぱい物が好物なので、ライムを少し搾ることもあります。

写真にはありませんが、インゲン豆を煮込んだフリホレスなんかも、
ラード等の油を控え、お豆にまお水だけ入れて煮込んで
つぶしたものや、トマトで炊いたピラフなんかも大好きです。

なんて、私が食べたいから、つき合わせているだけかもしれませんが、、
陽気なメキシコの音楽をかけながら、一緒に食べるのはとても楽しいです。

そして、いつか、息子をメキシコに連れて行きたいと考えているので、
少しずつ、胃袋のほうから、慣れてもらおうかしら、なんて下心もあったりして。笑
| COMIDA | 15:34 | - | - |
アメリカのメキシコ食材


10月の前半の二週間は、アメリカのシアトルとポートランドで過ごしました。
残念ながら、美味しいメキシコ料理にはありつけなかったので、
(食べれたのは、ファーストフードのブリトーやキャサディーヤくらいでした。涙)
帰国してから作ろうと、チポトレという、メキシコ料理に欠かせない唐辛子と、
オアハカスタイル(と書いてあるけど本当かな?)のモーレソースを買ってきました。

アメリカは、メキシコ移民がとても多いので、
ふつうのスーパーマーケットでも、沢山のメキシコ料理の
素となる食材が、沢山売られています。
お米に豆に、粉からスパイスまで、種類もなかなか豊富。

私がよく行く、Whole Foods Marketのサルサはとてもフレッシュで美味しくて、
ブルーコーンや、全粒粉で作られた、大きなトルティヤなど、
メキシコであんまり見られないヘルシー思考の食材なんかも売られていたり。
アメリカのベジタリアン?ヘルスコンシャスな人風に、焼いたテンペを
ブルーコーントルティーヤで巻いて食べてみたら、とても美味しかったです。

今回は残念ながら時間が無くて行けなかったのですが、
実は、シアトルには、オアハカ出身の家族が経営する
La Carta de Oaxacaという、オアハカ料理専門のお店があります。
次回は是非ともチェックしたいと思います。(サイトが可愛いです!)

| COMIDA | 16:34 | - | - |
恵比寿のメキシコ料理『El Rincon de Sam』
恵比寿のメキシコ料理El Rincon de Samへ行ってきました。この日は急遽ピンチヒッターで友人のMちゃんがカマレラ(ウェイトレス)として働くということになり、カウンター席を抑えてもらいました。笑 

特に週末の夜は予約を入れないと取れないというほどの人気のこのお店。カラフルな壁紙やピニャータやパペルピカドで飾られたインテリアに、メキシコ中から集められた素朴な食器たち。明るすぎない照明がまたメキシコっぽい!そしてなんと言っても、このお店の魅力はメキシコ人と間違えてしまいそうな風貌の陽気なセニョール・サムさんの歌声(ほぼ毎日ライブがあるそうです)と、民族衣装がとてもお似合いな美しい奥様の本場仕込の美味しい手料理、フレンドリーなスタッフたちにあるでしょう。潔の良いメキシコらしさを感じさせ、とても気持ちの良いアットホームなお店です。私が、今回食べた中で、私のオススメはここのフレッシュなコーントルティーヤと海鮮ピラフ。どちらも癖になりそうな絶品です。次回はモーレにトライしてみたい!!!近いうちにお馴染み『Tequilas de Senors』のテキーラもここで飲めるようになりますよ。

もうじきメキシコ出張に出掛けるというのに、最近メキシコ料理付いています。というか、メキシコ料理って、食べれば食べるほど、食べたくなってしまうという魅惑があるような気がします。日本にいても、ちょっとしたメキシコ文化に触れることが、私にとっては最大の癒しというか、息抜きになることも、改めて実感した夜でした。

■El Rincon de Samのホームページはコチラから

サムさん率いるマリアチバンド『マリアチ・サムライ』がメキシコ・グアダラハラのマリアチフェスティバルに日本を代表して参加します!このフェスティバル参加において、義援金を募集しています。

■マリアチ・サムライの義援金に関する情報はコチラから
| COMIDA | 08:53 | comments(3) | trackbacks(0) |
メキシカンな定食


土曜日にメキシコ料理を食べたら、
ますますメキシコ料理を食べたくなったので、ひさしぶりに
晩御飯に、定番フィデオスープと、オアハカモーレを作って食べました。
| COMIDA | 01:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
メキシコ食事会@自宅
今夜は、友人らが我が家に集まりメキシコ料理を作りました。最近、もっぱらメキシコ料理が食べたい病にかられている私です。

実は、このHPやイベント用のチラシなどを作ってくれたりと、色んな面でサポートしてくれている木村信子ちゃんのお誕生日のお祝いを兼ねて、オアハカリンドの本のイラストマップを担当してくれたZAPATEOこと野田満里子ちゃん、私が18歳の時にメキシコの世界へ入るきっかけを作った確信犯の一人(笑)であるメキシコ人の友達セシーと4人で、久しぶりのご飯会だったのです。まさに、私の東京におけるメキシカンライフ(?)においても、トレンサの活動においても、勿論、プライベートでも、いつも身近で支えてくれている有難いサポーターガールズたちです。笑 本当に、いつも感謝しています。

今日のメニューは、先日ルイスに教えてもらったおさらいも兼ねて作ったソパ・デ・コンソメ他、オアハカ料理エストファーダと、アロス・メヒカーノ、グレープフルーツとくるみのサラダを作ってみました。アロスは横着して、炊き込むところだけ炊飯器を使ってしまいました(許して!!!)。サラダは、オアハカのペルラがいつも作ってくれたサラダを真似たもの。オリーブオイルとバルサミコをかけて食べるというシンプルなもの。エストファーダは見た目も味も、モーレロホ(赤いモーレ)っぽいもので、これもペルラが教えてくれたものです。ソノラ出身のセシーは美味しいフラワートルティーヤを焼いて、持ってきてくれました〜。ソノラのようなメキシコ北部ではコーンよりフラワートルティーヤの方がよく食べられるのです。

ソパ・デ・コンソメは、先日のお料理教室の成果がでたのか?結構上手に出来たかなと思います。レモンをギュっと絞って、アボガドとサルサをふりかけて、メキシコならではのスープは本当に病みつきの味。これからは我が家の日常食に加わりそうな一品です!お野菜もたっぷりだし、鶏肉のコラーゲンとレモンのビタミンCで、風邪などの体調が悪い時にもぴったりなスープだと思います。エストファーダは好き嫌いがありそうですが、結構みんな気に入ってくれたので嬉しかったです。

それにしても、セシーの日本人の私たちも顔負けの流暢な日本語に、なんだか会話を引っ張られるようにして盛り上がりました。私があそこまでスペイン語で話せるようになるのは何時だろう?としみじみ思いました。話せるようになるどころか、年々衰退しているのですが。ちなみにセシーは、私がはじめてオアハカの地に足を踏み入れた時に一緒に旅をした人。あの時の私があるから、今があるのだなあと再確認をした夜でした。毎度のことだけど、気の置けない友人らと食べるメキシコ料理は本当に最高です。ちょっとバタバタしている今日この頃。ふと心が休まるひと時でした。

あ、食べることに夢中になって、お料理の写真撮るの忘れました。
| COMIDA | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
メキシコ料理ソパ・デ・コンソメを習いに行く!?


お友達のルイス&ケニートの素敵な新居にお邪魔してきました。と言うか、今日はルイス先生にメキシコの家庭料理のレッスンを受けることが目的でしたが、結果は!?!?

実は、今度のオアハカ・リンド展の東京会場となる池袋のカフェ「ZOZOI」で、開催中に加わるカフェメニューとなるメキシコ家庭料理の研究のため。勿論、実際にお客様にお出しするのは私ではなく、プロの方に作ってもらうのですが、まずは私もそれを習わなければ!ということになったのです。

今日は、ソパ・デ・コンソメを中心に、モーレ、アロス・メヒカーナ、フリホレス、トルティーヤを作ってもらいました。このソパは、辛くも無いし、さっぱりしているし、とってもヘルシーなので、特にメキシコ料理好きではない日本人でも楽しんでもらえるんじゃないか?と思い、選んだもの。写真では野菜が沈んでいてみえんませんが、しっかり鶏肉とにんにく、たまねぎで出汁を取ったスープの中には、ジャガイモ、セロリー、にんじんなどの具が盛りだくさん。これに生たまねぎ、トマト、コリャンダーが混ざったサルサ、そしてアボガド、レモン汁をお好みでかけて食べるのがとっても美味しいのです。

レッスンを受けに来たはずの私ですが、すっかりホーミーな彼らの新居でくつろいでしまい、メモ書きも途中でやめ、単にご馳走になってしまった感が。。。久しぶりのメキシコ料理を、お友達のアレハンドラ&彼女の息子さんも加わり、仲間たちとわいわい楽しく食べて、とってもハッピーになって帰ってきました。すみません。きちんと目的を果たすことができたのかというと。。。。味でしっかり覚えてきたということで、許してください。笑 

ちなみに、ルイスさんは、「オアハカ・リンド展」で出店してくれるテキーラバー「ルイスさんの美味しいテキーラの店」のルイスさん。不定期でお料理教室も開いてしまうほどの腕前です。「オアハカ・リンド展」では、週末の夜(11月22日(木)23日(金/祝)・24日(日)18時〜22時OPEN)、パートナーのケニートと、日本初上陸の美味しい「テキーラス・デル・セニョール社」のテキーラをご紹介してくれます。香りも豊かで飲みやすくて女性にも評判だというアーモンドテキーラやコーヒーテキーラなどの珍しいリキュールの他、普段お目にかかれないような高級テキーラも揃え、本格的なテキーラバーになる予定ですので、楽しみにしていてくださいね。

■テキーラス・デル・セニョールのホームページはコチラ
テキーラのレシピや楽しみ方などの情報も盛りだくさん!

■オアハカ・リンド展のご案内はコチラ
| COMIDA | 11:34 | comments(6) | trackbacks(0) |
広尾のメキシコ料理屋「サルシータ」へ
友人らと広尾のメキシコ料理屋「サルシータ」へ行ってきました。丁度メキシコ料理が食べたい気分だったところだったので、とある集まりをここでやることにしたのです。また、オアハカ繋がりの知人がここで働いているから前々から行ってみたかったというのもあります。

お店の内装は広尾らしい(?)シンプルで爽やかな、でもメキシコチックなカラーも出ている居心地の良い空間でした(閉店まで居座った私たち)。オープンキッチンっていうのも、なんとなく明るい感じがしていいですよね。お料理の方は、タコスやワカモーレなどの定番料理は勿論、大好きなエンチラーダ・ベルデがあったのも嬉しく、美味しくいただきました。また、ここのソパデトルティーーヤは絶品で癖になりそうなお味でとっても気に入りました。次回行く時は一人でひとボール食べるぞ!と心に決めました(笑)。そしてデザートはこれまた私がメキシコのデザートで好きなトップ3のひとつ、トレスレチェ。名前の通り、三種類のミルクを使ったケーキなのですが、日本らしく栗が入っていたのがまたなかなかでした。ひとつだけ残念だったのは、モーレを食べそびれてしまったこと。次回は是非。

それから、個人的にとても心惹かれたのはお料理を演出していた食器たち!最近やけに気になっている可愛い小鳥ちゃんのイラストの入ったトナラ焼きの食器や、タラベラやオリジナルの食器らしきものもあり、心揺れました。思わず、グアダラハラからテキーラを輸入する友達に「トナラ焼きも取り扱いしてくれない?!」とお願いしてしまった私。食器は重いから大変なのですけれどもね。どれもこれも、本当に可愛い食器で欲しくなっちゃいました。ちなみに、友人が経営する池袋のカフェZOZOIでも、カフェオレ頼むと可愛いトナラ焼きのカップソーサーで出てくるんですよ!

今回のディナーを終えて思ったこと。メキシコ料理ってフランス料理みたいにしっとり静かに食べたら美味しくないかも!ってこと。昨日一緒に行った仲間がかなり熱い人たちだったってこともあるのだけど、なんだか皆でわいわいやりながら食べるタコスってやっぱり美味しいし楽しい!って思いました。もともとメキシコでも、レストランで食べるより絶対屋台派の私ですが、気の合う仲間たちをワイワイ食べるメキシコ料理ってこれまた格別ですね。

■広尾のメキシコ料理「サルシータ」のサイトはコチラから

話は変わりますが、今夜の「世界ふしぎ発見」はチワワ砂漠でしたね。メキシコの自然の偉大さを改めて知った興味深い特集でした。テレビを見始めてすぐ、チワワ出身の友達に「6チャン見てね」とメールをしたら、「見てるよ!」と即返事!流石です。
| COMIDA | 23:38 | comments(4) | trackbacks(0) |
メキシコ大使館のシェフの記事
昨日(5月5日)の朝日新聞、英語版でメキシコ大使館お抱えシェフに関する記事がありました。ネット上でもこの記事が読めることを発見したので、ご興味のある方是非どうぞ。若干25歳のシェフ。既に大使館料理長になるとはすごいですねえ。

『I think cooking is an art of the most surrealist type.』

『In one moment you can have the best food in the world and in the next second it can become garbage.』

こんな発言をする彼のお料理を一度食べてみたいものです。

■asahi.com の記事はコチラから↓
Weekend/ Chef's Passport: It's more than tacos and refried beans
| COMIDA | 23:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
メキシコ三昧@横浜

メキシコ料理『Los Amigos』のお店の入り口のガイコツくん

数日前にも書きましたが、このところメキシコ料理が食べたい病にかかっています。現在メキシコ滞在中の友だちから届く便りを読んで、その病は益々ひどくなるばかり(笑)。と、まあ、羨ましがってばかりいても仕方ないので、今日はメキシコ料理を食べに横浜(関内)の『Los Amigos』へ行ってまいりました。

ランチタイムに行くと、なんとびっくり800円のメキシコ定食などというのがあり、私はチキンのモーレソース掛けセットと、アラカルトのタマレスを注文。流石にこの量は多いのか、かなりメヒカーノが入ってる素敵なマスターに「両方頼むんですか?」と確認されてしまいましたが、確かにその量は多かったかも。ペロリとたいらげた自分にもびっくりだけど、やっぱり食べすぎでその後ちょっとお腹がヘビーでした。このランチセット、フィデオスープにライス、コーヒー、デザートのケーキまでついてこのお値段とは本当にびっくりでした。シェフはメキシコシティ出身のユーモア溢れるマリアさん。私たちにもメキシコ風ブラックユーモア飛ばしてました。笑 

肝心のお味のほうですが、このお店の売りのように、家庭で食べるメキシコ料理という感じそのもので美味しかったです。メキシコでも食べた事がない、ノパレスのケーキもメキシコらしい甘さがなかなかでした。しかも、こんなにお手ごろだから、近所だったら通ってしまいそう。先週までは、某車メーカN社の研修で来ていたメキシコ人グループが毎晩のようにこのお店でフィエスタをしていたらしいです。楽しそう。

その他にも、今日は同じく関内にあるイセザキモールの画廊で行われていた、マヤの民族衣装展と、横浜駅前の高島屋で行われていたオアハカ地方のサラペ(羊毛織)展へも行ってきました。マヤ展に置いてあった商品はほとんどグアテマラのものでしたが、どれも素晴らしいデザインと色彩でちょっぴり懐かしかったです。ちなみに、現在発売中の雑誌「暮らしの手帖」にグアテマラの織物について素敵に取り上げられているので、織物ファン、グアテマラファン、必見です!

高島屋のサラペ展のほうは、現地で見慣れたと思っていたサラペを日本で見るのもまたイメージが変わって新鮮な感じでした。特に、ここのセレクトはまた品が良いセンスのあるシンプルなデザインのものが多かったのも、日本人のテイストをよく考えているなあと、感心させられました。オアハカと日本を行ったり来たりしているというオーナーの方とお話したかったのですが、接客で大変お忙しそうだったので、また機会があるのだろうと、こっそり覗くだけで帰ってきました。

そんな訳で、今日は久し振りにメキシコ三昧の一日でした。行きも帰りも電車の中で、Cafe TacubaとEl Gran Silencioの曲を聴き、高まるメキシコ気分を下げないように盛り上げてました。
| COMIDA | 23:00 | comments(5) | trackbacks(0) |