CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
trensa

Facebookページも宣伝




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Click for オアハカ, Mexico Forecast
OTHERS

trensa blog

SMALL THINGS FROM MEXCO
メキシコ雑貨トレンサ アンダーソン優子のブログです。
マヤビニックコーヒー解禁


チャパスのマヤ先住民が手がける、フェアトレードコーヒー・マヤビニックが、
FTPの皆さんのご活動の結果、さらに美味しくなって再上陸しました。

このメキシコの美味しさをお届けしてくれているのは、トレンサでも
プライベートでもお世話になっている、珈琲焙煎グラウベルの狩野知代さん。

その狩野さんが、幻のコーヒー焙煎家とも呼ばれる、京都美山で
美味しいコーヒーを焼いている、オオヤコーヒー焙煎所のオオヤミノルさんと
お二人で、このマヤビニックコーヒーを使った、楽しい座談会を催してくださいました。
(オオヤさんは、以前、京都でお世話になったCasa de Bananoでの
オアハカリンド展の会場で、オアハカコーヒーを淹れてくださったことがあります。)

お二人のトークが軽やかで楽しくて、時間が経つのはあっという間。
参加されていた皆さんは、プロの焙煎家やカフェを経営されている方々ばかりで、
一生懸命メモを取ったり、専門的な質問が飛び交うのが印象的でした。

それぞれの異なる焙煎方法で焼いたマヤビニックコーヒーの味わいは、
同じ豆とは思えないほど、個性が引き出された魅力的な味でした。
オアハカやベラクルースの豆と比べると、もう少し特徴的なコクと旨みが
あるように感じました。

そして、見逃してはならないのが、アーティストの荒木珠奈さんが
描いた版画デザインのコーヒーラベルです。
チャパスの先住民の民族衣装と、コーヒー豆を乗せた手のひらが、
とても愛らしくて、何だか現地の人々の様子が伝わってくるようで、ほのぼの。

美味しくて可愛くて、活動の趣旨もしっかりとしているマヤビニックコーヒーを、
これから、沢山の人たちに飲んでいただきたたらと、
トレンサでも、微力ながら応援していきたいなと思っています。

→マヤビニックのコーヒーの購入はコチラのグラウベルさんのサイトからどうぞ。
また、9月13日(日)には、港区のエコプラザのメキシコイベントで
このコーヒーの試飲が出来ます!イベントの詳細はまた折々。

→東京では滅多に飲めない、オオヤさんのコーヒーを味わいたい方は、
世田谷上町のステキな器屋「夏椿」さんで明日(日)まで、コーヒー
屋台がでていますので、どうぞお見逃し無く!
| コーヒー | 10:38 | - | - |
おじいちゃん、おばあちゃんにメキシココーヒーを淹れる


祖母がお世話になっている施設のレクリエーションで、
母と一緒に、メキシココーヒーをKONO式で淹れてきました。
コーヒー豆はもちろん、グラウベルさんのオアハカコーヒーです。

当初、コーヒーが大好きな祖母や、コーヒー好きな方(がいらしたら)
数人に、母がひとりで淹れるつもりでいたら、蓋を開けてみたらなんと
希望者が25名ほど。スタッフの方を入れたらもっとでしょうか?
ということで、急遽私も助っ人に行くことになったのです。

印象的だったのは、前日から待ち遠しくて眠れなかったという方や、
コーヒーが大好きだけど、施設では仕方なくインスタントを飲んでいる
という方々が、目を輝かせながら嬉しそうに飲んでくださったこと。
うれし涙を流される方もおいでになって。
メキシコのオアハカのコーヒーだと説明しても、分からなかっただろうけれど(笑)、
そんなことより、美味しいコーヒーって人を幸せにする道具だなあと改めて
認識したのでした。そして、コーヒー好きのお年寄りの方がなんとも多いことも。

私の未熟なコーヒードリップでも、良質の豆と焙煎のお陰で
「とっても美味しかった。」「ご馳走様でした!」
という皆さんの笑顔と声を沢山いただき、
私たちの方が、幸せをいただいてきた気がします。
次回のために、もっと腕をあげておきたいと思います。

ちなみに私の愛する祖母、オオママはコーヒーが大好きな96歳。
ケーキが先に出てきても、コーヒーが来てから!と辛抱強く待ち、
ブラックストレートで、お代わりをするくらい、愉しんでくれました。
| コーヒー | 12:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
オアハカコーヒーの試飲とひよこの刺繍

写真は今年のオアハカコーヒーと、オアハカの友人から届いた刺繍マット。
ひよこが愛らしくて愛らしくて、お気に入りです。


ラッキーなことに一足お先(?)に、グラウベルさんに入荷したばかりの
オアハカコーヒーを試飲させていただきました。
グラウベルの狩野さんから試飲用の豆をいただいたのです。
焙煎度合いも二種類あり、感激すると共に、販売前に
何度も焙煎テストを繰り返しているのを知り流石だなあと感心しました。
豆をいただいた帰り道は、早くこのコーヒーを淹れて飲みたい一心で
自転車をこぎました。笑

さて、その今年のニュークロップのオアハカコーヒーですが、
お世辞でもごひいきでもなく、とても美味しく、感激してしまいました。
個人的には去年飲んだもののよりも好みかもしれません。
というのは、なんとなく、去年のものよりフルーティーな香りと甘みが
しっかりしていて、その一方でさらりと飲みやすさも感じました。

これまで、コーヒーと言えば、グアテマラやコロンビア党の私でしたが、
大好きなオアハカの地で育ったコーヒーがこんなにも美味しいのですから、
オアハカコーヒーをもっともっと周りに広めなくては!と改めて思いました。
誰に頼まれた訳でもありませんが(笑)、変な使命感みたいなものを勝手に感じています。
トレンサとしても、何が出来るか、そろそろ具体的に動き出す時が来たようです。
| コーヒー | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
オアハカコーヒー入荷のお知らせ

昨年、オアハカ・リンド展で使わせていただいたオアハカコーヒーのパッケージ

お待たせしました!昨年、トレンサのイベントでも大好評だったグラウベルさんのオアハカコーヒーが、入荷したそうです!今週末辺りから販売を始めるということですので、前回楽しまれた方も、飲みそびれてしまった方も、是非この機会にご利用ください!なんてったって、オアハカで飲むオアハカコーヒーより、美味しいですから。笑 私も待ってましたとばかりに、早速注文しようと思っています。

メキシコのコーヒーはまだまだ日本では認知度が低いですが、メキシコにも美味しいコーヒーがあるということを、一人でも多くの方に知っていただけたらとても嬉しいです。グラウベルの狩野知代さんご自信も、チャパスのフェアトレードコーヒー事業にアドバイザーとして関わってらしたり、メキシコのコーヒーの普及にあたたかく力を注がれています。ちなみにグラウベルさんでは、オアハカ、チャパス、ベラクルスと三種類の豆の取り扱いがありますよ。同じ国でも、それぞれの地域で香りも味も異なるのがまた面白いし、その分、色々楽しめますね。トレンサでは、今後もこれらのコーヒーをお楽しみいただける機会を作っていきたいと思っています。

■コーヒーのご注文はグラウベルさんのコチラのサイトまで

■焙煎家・狩野知代さんのブログCoffee Soulはコチラ

| コーヒー | 09:36 | comments(7) | trackbacks(0) |
メキシココーヒーとチャパス


先日開催した展示販売会の賄いように、メキシコ・ベラクルス地方のコーヒーをグラウベルの狩野さんに焙煎していただいたものを飲んでいました。前半の空いている時間にいらした方は、このコーヒーをお楽しみいただけたことと思います。(お出し出来なかった方、ごめんなさい)

その狩野さんは、メキシコのチャパス地方のコーヒーのプロジェクトに関わっていらして、現地訪問から戻ったばかり。本当に生き生きとした声で初めてのメキシコ訪問からの帰国を報告してくださり、私まで嬉しくなってしまいました。彼女のブログからもそのご様子が伺えます。

彼女が今回訪れたコーヒー農園はサンクリストバルデルカサスから車で3時間ほどいったところにあるそうです。チャパスと言えば、マヤ先住民が多く暮らす地域でサパティスタと聞けばピンと来る方も少なくないかもしれませんが、オアハカとはまた違った形で先住民族の文化が色濃く残るところです。NAFTAなどがもたらす、政治的な問題も未だ完全に解決したとは言えず、人々の心に刻まれた傷はとても深いであろうなあという、乏しい私のメキシコ研究とグアテマラ経験から勝手に想像しているのですが、実際に体感してきた人からの話はとても現実味を帯び、益々行ってみたい気持ちと同時に、気軽に足を踏み入れられないなあと改めて感じました。でも、きっといつか。。。もう少し勉強してからと思っている私にとっては神聖なる特別なところ。

既に公表させていただいている4月のイベント、「京都・町屋で楽しむコーヒーとメキシコの時間」ですが、講座の中などで、狩野さんのメキシコ体験の話なども出てくると思いますので、是非、一人でも多くの方に足を運んでいただき、彼女の話を聞いてもらえたらなと思います。既にご予約も入りつつあるようですので、ご予約はお早めにどうぞ。特に土曜日はすぐに埋まってしまいそうな勢いです。私も個人的にとても楽しみにしています。

そして、今後、日本でのメキシココーヒーの普及に、トレンサとしても是非お手伝いさせていただきたいなあと思っていますので、皆さまどうぞ宜しくお願いします。

■美味しいコーヒーを提供してくれるグラウベルのサイトはコチラ
ネットからもご注文可能です。定期便など便利なサービスもあり。

■狩野さんが関わるフェアトレードプロジェクトのサイトはコチラ
| コーヒー | 11:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
オアハカ・リンド展で淹れたオアハカコーヒーが幻のコーヒーに!?

グラウベルさんのオアハカ・コーヒーの素敵なパッケージ。
奥にチラリと見えるのは、中目黒HUITの天然酵母パンと
京都東山のキュートな雑貨ショップDOMAさんで購入したチェコのカフェオレボール


東京に戻り、オアハカコーヒーを心を込めて焙煎してくださった、グラウベル狩野知代さんに、イベントのご報告も兼ねてお会いしました。

狩野さんは、今回のイベントのために、テスト焙煎も何度も試みてくださった結果、とても口当たりがよく、コクと酸味がバランス良いまろやかなオアハカコーヒーに仕上げてくださいました。そんな丁寧に焙煎されたコーヒーは、ここで言うまでも無く、東京でも京都でも沢山の方に大好評でした。普段コーヒーを飲まない方や、お砂糖&ミルクなしではコーヒーは飲めないという方も、ストレートでも飲めるというほどの優しい口当たり。このコーヒー目当てにイベントにおいでになったお客様もいらしたようです。私もZOZOIさんでも何杯も注文してしまったり、京都でも沢山飲みました。ほんとに、何杯も飲めてしまう美味しさなのです。また、嬉しいことに、イベント後すぐ、狩野さんの元へ、オアハカコーヒーの注文が入ったそうです。

しかしながら、この『オアハカコーヒー』、残念ながらここ最近、輸入元もまさかの在庫切れになってしまったそうなのです(涙)。ご紹介しておきながら、お問い合わせしてくださった方、本当にごめんなさい。ただいまオアハカのコーヒーは「幻のコーヒー」となっておりますが、グラウベルさんは、オアハカ以外にも、メキシコの別の地域(チャパス、ベラクルス)のコーヒー他、美味しいコーヒーを沢山焙煎されているので、宜しければ是非お試しください。これから益々コーヒーが美味しい季節になりますね。私もお家で、彼女のコーヒーに癒されてます。
| コーヒー | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
オアハカコーヒーのテイスティング
  

オアハカ・リンド展、でお出しさせていただくオアハカコーヒーの焙煎度合いを確認するため、グラウベルの狩野さんのところにお邪魔してきました。今回は、焙煎度合いの違うものを3種用意していただき、どれも美味しかった中で一番飲み易かった焙煎のものをお出しすることになりました。

豆の種類はオアハカ州南部のPulma Hidalgoのメルセデス農園のもの。以前もこのブログでもご紹介したことのある地方のコーヒーですが、日本ではまだお取り扱いのある焙煎家さんやカフェも少ない貴重な豆です。メキシコの豆の中でも、口当たりの良い、まろやかさと酸味、そして苦味がとてもバランスの良いコーヒーですので、ミルク砂糖無しのストレートでも多くの方に楽しんでいただけると思います。

また、今回の限られた短い期間のイベントにも関わらず、手間隙かけて、じっくり丁寧に準備をしてくださっている狩野さんには頭が下がります。プライベートでも狩野さんのコーヒーのファンで、よく自宅用にも買わせていただいているのですが、今日いただいたオアハカコーヒーは、今まで私が飲んだオアハカコーヒーの中で一番美味しいと思いました。同じ豆でも煎る人、淹れる人によってこんなに味が変わるのも、焙煎技術の高さだけではなく、それに彼女のコーヒーへの情熱とハートフルな心がいっぱい込められているからだと思います。これってまさに、「お料理で気持ちが伝えられる」ということをテーマにしていた、私も大好きなメキシコ映画「赤い薔薇ソースの伝説」のよう。狩野さんの愛情たっぷりのこの味を、一人でも多くの方に知っていただきたいし、コーヒーを通じてオアハカに近づいていただけたら嬉しく思います。(イベントにお越しいただけない方は、コチラのサイトでもご購入いただけます。)

オアハカ・リンドの本もイベントも、ほんとうに沢山の方々の思いが詰まっているなあと、既に実感が沸いて来ています。だからこそ、お越しいただく方に楽しんでいただけるイベントにしなければと、改めて気を引き締まる思いがしました。

■グラウベルのホームページはコチラ
メキシココーヒーの他、アジアやFTコーヒーも購入可能です。

■狩野さんのコーヒーへの思いが伝わってくるブログCOFFEE SOULはコチラ
| コーヒー | 20:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
オアハカのコーヒーが手に入るお店その2


根津から千駄ヶ谷へ続く道を歩いている途中、コーヒー焙煎のいい香りに誘われて、フラッと入ったやなか珈琲店。ここは、生豆の状態でストックしてあり、100gからの注文ごとに焙煎をしてくれるという、素晴らしい珈琲屋さん。一杯200円くらいで気軽に飲める淹れたてコーヒーも嬉しいです。でも、今日の収穫はそれ以上のものも。

実は、店頭にディスプレイされていた生豆たちを見ていたら、なんと!オアハカ産のあのPulma Hidalgoコーヒーが目に入りました!しかもただの生豆じゃないんです!脱穀する前の殻の付いたままのパーチメントの状態で置いてあるのです!この脱穀はどこでやっているのですか?とお店の人に尋ねると、注文を受けるごとに機械で脱穀するのだと言うから、これまたすごい!パーチメントを剥がしたばかりのコーヒーは新鮮なはず!早速200g注文してみました。

焙煎が仕上がるまでの待ち時間にコーヒーを飲みながら、このPulma Hidalgoコーヒー産地の情報が記載された産地案内を読む。面白いのは、この農園の上空には雲がかかっていることが多くて、それがコーヒーの木を直射日光から守る日陰樹の役割を果たしていること。オアハカの中でも海岸近くのトロピカルな気候の地域でどうしてコーヒーが出来るのだろうと思っていたので、謎が解けました。本当に、ここの産地のコーヒーは酷と酸味のバランスが良くって美味しいので、もっともっと沢山の人に飲んでいただけたらなあと思います。

■やなか珈琲が扱うオアハカPulma Hidalgoコーヒーの詳細はコチラから
| コーヒー | 22:09 | comments(6) | trackbacks(0) |
東京でオアハカのコーヒーが手に入るカフェ

オアハカ滞在中、ほぼ毎日出没したcafe cuiles
地元小規模農家を応援するメキシコでは珍しいタイプのカフェ
あまりにしょっちゅう出没するから店員&店長(左)とも顔見知りに 笑


カフェ好きの私は、オアハカに滞在中も、ほぼ毎日カフェに通っていました。現地の物価から考えたら、コーヒー一杯$2くらいのカフェは決して安い訳ではなかったけれど、ワイヤレスインターネットが出来るカフェでこの$2で一時間くらいは粘るので、かなりお得だったかな?と思います。

東京に戻ってきて、久し振りにカフェっぽいところへ行ってきました。(カフェっぽいというのは、スタバには既に足を運んでいたから。(笑)) 友だちから紹介されてずっとずっと行きたかった、東麻布に二店舗だけお店を構える「マキネスティ」です。今日は、ついにその思いが実現!オンラインショップ製作のミーティングを、私の希望でここでやらせていただきました。

数あるカフェの中でも、どうして私がこのカフェに行きたかったかと言うと、実は、オアハカのHIDALGO PULMAというコーヒー産地のオーガニックコーヒーがここで焙煎され、売られているということを知ったから。今回の旅でもHIDALGO PULMAのかなり近くまで行ったのですが、そう簡単に行ける土地柄ではなかったため、訪問の夢叶わず。東京に戻ってきて、まさかこの土地のコーヒーと出会えるなんて思ってもいませんでした。

しかし、前職の職業病ここでも出てしまいました。メキシコオーガニックコーヒーと書かれたパッケージを手に取り、これはHIDALGO PULMAのコーヒーですか?どこから仕入れているのですか?等と色々聞いてしまい、分からなかった店員さんは困ってしまい、本社にまで電話を掛けてくださり確認。HIDALGOじゃなかったら正直買うのを止めようと思っていたので、HIDALGOのだと分かってホッとしました。正直、メキシコのコーヒーはこれまでハズレが多かったもので、最近買う時はかなり注意深く検討してしまいます。笑 ちなみにこのコーヒーはどこから仕入れているのか?という質問に対しての答えは「企業秘密です」とのことでした。私を同業者の怪しい人だと思ったのでしょうか?笑 ただの興味範囲&応援したかったのだけなのに。。。

このマキネスティというカフェは、一見チェーンぽいんですけど、程よい気楽さというか、アメリカにありそうな居心地の良いカフェという感じで、ちょっと地下っぽいつくりなのに、窓も沢山あるので光も十分にあり、雰囲気もとっても素敵です。もう少しあたたかくなったら、テラス席でくつろぐのも気持ち良さそう。グアテマラのコーヒーに力を入れているようで、現地の農園の写真なども沢山飾られていて、興味深いものがありました。ランチも、サンドイッチやカレー、タコライスなどメニューも豊富。私は今日はベジカレーを美味しくいただきました。肝心のコーヒーの方はカフェオレとカフェアメリカーノを頼みましたが、個人的にはアメリカーノが好きでした。こういうカフェが近所にあったら、通っちゃうのになあと思いながら、お店で預かってくれるというメンバーズカードを作って、置いて帰ってきました。また近いうちに行けるといいなあ。


パッケージもシンプルでカワイイ正直、お味も期待以上に美味しくてびっくり!
オアハカ市内ではこんな美味しいオアハカコーヒーは飲めないのです(涙)


■マキネスティのホームページはコチラから
農園を視察した時のレポートや現地の情報も満載でとても楽しいサイトです


| コーヒー | 19:02 | comments(3) | trackbacks(1) |
無印のメキシココーヒー


昨年の秋頃から無印良品でもフェアトレードコーヒーの取り扱いが始まったことを聞いて、ずっと気になっていたものの、手にしたのは今日が初めて。何気にふらっと入った無印のショップで、メキシコの文字が目に入ってきたので即買い。私って単純です。笑 

購入したのは「アメリカンタイプ(粉)」と言う、メキシコとグアテマラのブレンドコーヒー。お味の方は???ミルクを入れて飲むと美味しくいただけますというのが悪までも個人的な正直な感想。笑 それからチョイ職業病からか、とっても気になるのがどこの産地の豆が入っているのかということ。パッケージにも店頭にもHPにも何処にも出ていなかったので、思わず、無印さんに問い合わせしてしまいました。オアハカかなあ?チャパスかなあ?ベラクルスかなあ?と一人で想像を膨らまし。。。お返事が来たら、また報告いたしますね。笑 でも、大手さんでメキシコのフェアトレードコーヒーが出てきたことはとても嬉しいです。

■良品計画 フェアトレードコーヒーに関する詳細記事はコチラ
| コーヒー | 21:58 | comments(5) | trackbacks(2) |