CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
trensa

Facebookページも宣伝




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Click for オアハカ, Mexico Forecast
OTHERS

trensa blog

SMALL THINGS FROM MEXCO
メキシコ雑貨トレンサ アンダーソン優子のブログです。
David ByrneとLuaka Bop
Everything That Happens Will Happen Today
Everything That Happens Will Happen Today
David Byrne;Brian Eno

数日前に、DAVID BYRNEのライブコンサートへ行きました。
彼は、いくつになっても、とってもキュートでパワフル。
そして、人を楽しませるクリエイティビティも忘れない。
彼は元トーキングヘッズのメインボーカリストとして有名ですが、
現在はソロで活躍しながら、Luaka Bopという
ワールドミュージックのプロデューサーとしても、数多くの、
才能ある若手アーティストを発掘&プロデュースしています。
私の好きどころラテン音楽では、Los Amigos InvisibreやSise、
Los de Abajo、King Chango、Suzanne Bacaなど。
残念ながら、皆な、売れると別のレコード会社に移籍しちゃうんですけどね。
昔はよく、DAVID BYRNEのライブの前座で演奏してくれていたのが、懐かしいです。

□David ByrneがプロデュースしているレーベルLuaka Bopのサイトはコチラ
| 音楽 | 00:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
ノルテック・コレクティヴ 
ティファナ・サウンド・マシーン
ティファナ・サウンド・マシーン
ノルテック・コレクティヴ・プレゼンツ・

少し前ですが、ノルティック・コレクティブの最新CDを買いました。
前作のTijuana Session vol.3がすごく良かったので、
とても楽しみにしていました。

日本版ライナーは、マリークレールやソトコトなどでも活躍中の
メキシコシティ在住のジャーナリスト、長屋美保さんが興味深く書いてます。
販売元はクールなインディーズ音楽を沢山発掘&紹介しているMusic Campさんです。

ノルティックは名前の通り、ノルテーニョ(メキシコ北部の音楽)と
テクノが融合されたラテンロックバンド。
詳しくは、美保さんのブログを読んでいただいたほうが
分かりやすい上、正確かと思いますので、ここでは省略しますね。(笑)

個人的な感想を言えば、メキシコのアコーディオンや
庶民サウンドが結構好きな私にとっては、テクノと言っても、
7〜80'sのディスコテクノ(?)やポップスを思い出させるような
ちょっとした安心感みたいなものも感じられるので(世代的に 笑)、
これらの交じり加減がなんというか、とても心地良いというか、
懐かしいのに、新しい感じがしてしまうのは、私だけでしょうか?
それとも、89年〜91年まで、ティファナではありませんが、
メキシコとアメリカのボーダータウンで暮らしたことがあるからでしょうか?

なんというか、土臭くてやぼったいおじちゃんたちと、
メキシコのモダンさとクールさが見事にマッチしているのが、
とっても面白いんです。こういうの、すごく好きですねえ。

一曲づつ聴くのもいいけれど、このアルバムは全体を通して聴くのが
良い感じだったので、今後、トレンサのイベントや、
我が家のフィエスタなどでもかけたいなあと思っています。

皆さんも、このアルバムをはじめ、是非ノルテックの魅力に触れてみてください。

名代☆日々是メキシコ
長屋美保さんのブログです。
クールでニッチなメキシコサブカルチャー情報盛り沢山で
とても面白く、また美保さんの文章にはまってしまいますよ。

Music Camp Entertainment

| 音楽 | 12:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
リラ・ダウンズの新譜とレビュー記事
Shake Away/Ojo de Culebra
Shake Away/Ojo de Culebra
Lila Downs

新譜といっても、発売されたのは数か月前のものですが、
昨日の「ファイナンシャル・タイムズ」の音楽レビューで
彼女についての興味深い記事が出ていたので、少しご紹介。

ご存じの方も多いと思うのですが、映画フリーダで一躍
有名になったリラ・ダウンズは、アメリカ・ミネソタ州出身の教育者の父と、
メキシコ・オアハカ出身のキャバレーシンガーの母を持つメキシカンアメリカン。
幼い頃から、メキシコとアメリカを行ったり来たりの生活だったそうです。
こんな風にもコメントをしています。

Mexico and Minnestoa are a log way apart -
geographically, culturally, climate-wise.
I feel divided within.
But music has enabled me to express that.

ミネソタの大学卒業後は、メキシコに戻り、
人類学者としての道を歩む傍ら、キンセニェーラ(メキシコの成人式)や
結婚式などで、演奏を続けていたそう。
その頃に、社会派シンガーのメルセデス・ソーサの音楽との出会いで、
歌手としての道に本格的に進んでいったそうです。

その偉大なる、ソーサがこの新しいアルバムに参加しているというから驚きです。
ソーサが参加している曲は「Tierra de Luz」。
祖国を離れて暮らす人たちがテーマの曲です。

また、記事の中で、「あなたは、自分をアメリカ人、それともメキシコ人、どちらだと強く感じるか?」という問いかけにこう答えています。

I wish I had all the positive traits from my American upbringing
and all the positive traits from my Mexican one.
From America there is a search for the truth, in and almost Lutheran way,that I hope I am living as a human being.
But, my soul is Mexican.I really relate to my Native American roots.

二つの祖国を持つリラダウンズ。
頭で考えることと、心で感じるものは、やはり相違するところがあるようですが、
だからこそ、彼女が発信できる独特のものがあるのだなあと感じます。
私の旦那がミネソタ出身ということもあり、余計に他人事とは
思えない彼女のコメントや作品たち。
この記事を読んで、改めて新作のみならず、
昔の彼女の作品を聴きこんでみたいと思います。
| 音楽 | 10:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
トレンサっぽい音楽って?
トレンサのホームページやロゴデザインなど、デザイン関係のお仕事
を手伝ってくれている友人から、トレンサっぽい
音楽があれば教えて欲しいと言われました。
作業するにあたって、そういった音楽をかけてイメトレしたいそうなのです。なるほど〜。

そこで、もしトレンサの実店舗があったら、
どんな音楽をかけるだろうか?と想像して音楽を選んでみました。
結局、普段、トレンサオフィスで仕事をしながら聴いている
アルバムばかりになってしまったのですが、幾つかご紹介
してみたいと思います。

Lim醇pn y Sal

まずはJulieta Venegasの『Limon y Sal』というアルバム。
彼女がこれまで出したアルバムの中で一番好きな作品です。
彼女がもし日本に生まれていたら、きっとオリーブ少女だったに
違いないと、勝手に思い込んでいる私です。笑
デザイナーの友達に早速教えたら、「意外にもアンニュイな感じだった」という感想。
彼女のビデオクリップや歌詞も、惜しみなく提供してくれているHPはコチラ。
ビデオに出てくるファッションやインテリアもとってもキュートなので注目です!
特にオススメの曲はEres Para Mi!


Si*Se

ふたつめは、メキシカンではなく、NYのヒスパニック系アメリカ人の
バンドSi Seのデビューアルバム『Si Se』。
ボーカルのキャロルは美しいラティーナっていうだけでなく、
心にぐっと響くボイスの持ち主。
このアルバムのHPはコチラから。
オススメの曲はbiscocho amargoとThe Rain
その後、所属事務所が変わったらしく、現在のオフィシャルサイトはコチラから。

La Cantina

最後はやっぱり外せないかな?オアハカ出身のリラダウンズの
アルバム『La Cantina』です。
特にアルバムのタイトルになっているEl Cumbia del Moleのビデオクリップは、
オアハカのメルカドの様子がとても素朴で愛くるしく描かれていて
観ているだけで、今すぐオアハカ行きたい病にかかります。
勿論、他の収録曲も、マリアチっぽい音楽もあったりと
楽しませてくれるアルバムです。
最近リニューアルした彼女のHPはコチラから。

今後もまた、追って紹介していきたいと思います。
| 音楽 | 21:26 | comments(9) | trackbacks(0) |
アンジェリーク・キジョー@Blue Note
ブラック・アイヴォリー・ソウル
ブラック・アイヴォリー・ソウル
アンジェリーク・キジョー

ラテンではありませんが、大好きなアンジェリーク・キジョーのライブへ行ってきました。Blue Noteは昔、NYでセリア・クルースのライブへ行って以来で、東京では初めてです。アフリカ・ベナン出身の彼女のライブは短い時間にぎゅっと詰まった、とてもパワフルで熱いライブでした。最初に彼女の声を聴いた時は、ぞくっとするほど心に響きました。それに、ほんとお人柄も人間ぽくてチャーミング。益々ファンになりました。

音楽と言えば、オアハカ・リンド展では、東京でも京都でもメキシカンな音楽を流していたのにお気づきいただけたでしょうか?キュートなメキシコがテーマだったので、ThaliaPaulina RubioJulieta Venegasなどの女の子ボーカルなどもかけていました。昔、懐かし、SELENAもかけました。実は、普段私がよく聴くのは、もっともっとハードなんですが、夜のテキーラタイムにはそのハードなEl Gran Silencioなどをかけていましたよ。勿論、カフェタクバも!笑 また、ライブ三昧したいです。
| 音楽 | 00:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
ビッグニュース!カフェタクバが日本にやってくる!!!


超ウルトラ級のビッグニュースです!!!(一人で興奮してます!!!)
今頃知った私はファンとしては失格なのですが。。。。。
大大大ファンであるメキシコのロックバンド「カフェ・タクバ」が11月3日(土)に、
品川のプリンスホテルでライブをやるそうです。
昨日、オアハカで彼らのコンサートに行った友人のブログを読んで、
なんて羨ましいのだろう〜。私も飛んで行きたい!と思っていたら、
カフェタクバの方から飛んできてくれるというニュースが友人から入りびっくり!
しかも、このライブのボランティアをやらない?というお誘い付き!大興奮!
ライブがフルで見れないならやりませんが、見れるならボランティアでも何でも絶対やります!どちらにしてもチケットももう買っちゃっいましたが。。。。
先日、ラテンアメリカチャリティバザーで彼らが出るかもといううわさを聞いた時は
ガセネタだとおもっていたのですが、こちらも可能性あり!?
↑どなたか真相をご存知だったら教えてください。
開催側にも問い合わせしましたけどまだレス無し(笑)

すみません。カフェタクバのことになると、かなりミーハーになる私です(笑)。
そのぐらい彼らのライブは凄いんです!メキシカンスピリットが!
大大大好きです!皆さん、是非一緒に行きましょう!こんな機会滅多に無いです!
わたし、翌日の福岡公演も行っちゃうかも。。。。笑

■カフェタクバってどんなバンド?という方はコチラのYOU TUBEでご覧ください。

■東京でのライブの詳細はコチラのANIMATE2007のサイトをどうぞ

■カフェタクバのオフィシャルHPはコチラ
| 音楽 | 00:01 | comments(7) | trackbacks(0) |
サポテコのムシコ(音楽家)


オアハカの友人ペルラが、以前お世話になったサポテコ族のムシコ(音楽家)の2人の記事を送ってきてくれたました。丁度オアハカ本で、彼らについての記事を書いていたところだったので、グッドタイミング。上の写真はプロの方が撮影したもの。この写真の撮影を横で眺めていたのでよく覚えています。2人とも、おだやかであたたかい人柄の中に、サポテコの誇りを強く持ち、美しい瞳をしていたのが印象的でした。

私たちはこの数日後に彼らの村San Juan Teitipacへお邪魔したのでした。(
当時の記録ブログ)そこでの体験は思い出しても計り知れないほどの大事な体験が詰まっていて、記事を読んで改めて彼らと過ごした時間を思い出し、感慨にふけっています。

■2人の記事について載ったInstrumenta Oaxacaの記事はコチラ
| 音楽 | 09:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
アルゼンチン出身のシンガーソングライター
昨晩、ラテン繋がりの友人を介して、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のミュージシャン・アリエル・アッセルボーンさんと知り合いました。実際には、以前、別の友人のバースデーパーティーで、その美しい歌声は耳にしていたのですが、今回は南米で育った素敵な日本人の奥様とご一緒にお食事をする機会があり、彼の手がける音楽だけでなく、日本で頑張っている姿とPUREな人柄に心を打ち、旦那と2人で応援したくなりました。歌声もギター演奏も人の心を癒してくれるような透き通ったサウンドです。そんな訳で、メキシコネタからちょっと外れますが、ラテン音楽繋がりということで、今日は、彼のコンサートの情報等ご紹介します。

■アリエル・アッセルボーンAriel Asselborn
(彼のHPはコチラから 試聴も出来ます)

1976年 アルゼンチンブエノスアイレス生まれ。ギタリスト・シンガー・ソングライター。ドイツ系の父、イタリア系と先住民の血を引く母、ピアノ教師の祖母という家庭で、幼い頃から音楽とともに育つ。10才から独学でギターをはじめる。家族の集いや教会のミサを通じて、歌い演奏するようになる。

アルゼンチンで音楽の研鑽を積む。クラシックギターをアルゼンチンの女流ギタリスト イルマ・コスタンソに学び、フォルクローレを取り入れた音楽を志す。96年から、ボーカル、作曲、グループ部門でアルゼンチン国内のコンクールで多数優勝。99年から4年間、ボリビア・フォルクローレのグループ“ロス・ライカス”に所属する。ギター、ボーカル、アンデス系楽器のチャランゴを担当。フォルクローレ界の巨匠たちと共演。また2度の日本公演ツアーと2枚のアルバムに参加。03年から東京在住。タンゴ、ギターソロ、ギターの弾き語りで演奏を展開中。なめらかな音色と独特の変則的な調弦のギターと、美しい歌声の弾き語り、自然体のステージで高い評価を得ている。

05年秋冬、TVCM「日立プラズマテレビWOOO」(作詞、歌を担当)、「キャノンDIGIC II」(アマポーラ、歌、ギター、アレンジ) で歌声とギターが起用され話題となる。06年8月、NHK衛星放送の「シブヤらいぶ館シングシングシング」に出演。

2007年コンサート予定 

■望郷のギターの調べ
 ピアソラ、ユパンキ〜巨匠と現代の音楽家たち
 アルゼンチンの心をギターで奏でるソロリサイタル
 昨年に続いてルーテル市ヶ谷センターで
 日時:2007年4月6日(金)19時30分開演
 場所:ルーテル市ヶ谷センター(東京・市ヶ谷)
 出演:アリエル・アッセルボーン(ギター・歌)
 料金:前売券3,500円、当日券4,000円 200席全自由
 お問合せ:オフィス・カルデナール
      TEL・FAX 042-488-2687
      E-MAIL contactのメールまで
 現代ギター、メディアカームでも取り扱いいたします。

 曲目:ピアソラ|天使の死
    ユパンキ|トゥクマンの月、恋する鳩の踊り、祖父母の歌
    フアン・ファルー|チャカレラ・ウトゥタ
    デル・セロ|ラ・ナディータ
    ラミレス|アルフォンシーナと海
    モレル|ソナチネ   その他
 ※曲目は変更する場合がございます。

 主催:オフィス・カルデナール
 後援:アルゼンチン大使館

■蓼科ベルクハウスG-CLEF
 音楽好きの集まるペンションでの初のソロコンサート。
 信州蓼科高原の自然へ遊びにきませんか。
 日時:5月26日(土)27日(日)15時00分開演
 場所:ベルクハウスG-CLEF(長野・蓼科高原)最寄り駅:JR茅野駅
    ご宿泊はお問合せ下さい。
 出演:アリエル・アッセルボーン(ギター・チャランゴ・歌)
 料金:2,000円(コンサートのみ)

■京王レストランろんたん ディナーライヴ
 ディナー付き演奏会。
 日時:7月1日(日)17時00分
 場所:レストランろんたん(府中)70席
 出演:アリエル・アッセルボーン(ギター・チャランゴ・歌)
 料金:4,000円(ディナー付き)

■アリエルソロコンサート(詳細未定)
 日時:9月2日(日)14時30分開演
 場所:近江楽堂(東京・初台)
 出演:アリエル・アッセルボーン(ギター・チャランゴ・歌)
 料金:未定
 主催:オフィス・カルデナール

☆mixiにもアリエル君後援会コミュがあります!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1316625

| 音楽 | 09:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
Feliz Dia del amor y la amistad!


メキシコのバレンタインデーは、恋人同士だけでなく、お友だちとも友情や愛情を分かち合う日。チョコレートではないけど、お花やちょっとしたギフトを交換したりするのです。私も18歳の頃、初めてクラスメートのメキシコ人の女の子たちから大きなピンクのハート型のアルミっぽい素材の風船やティディベアのぬいぐるみをもらった時は「え?」と驚いた記憶があります。(笑)でも、生まれて初めてバレンタインにギフトをもらったので、とっても嬉しかったし、新たな友情の形をここで学びました。すごく懐かしいです。

テディベアをくれたMi Primera Mejor Amiga Mexicana(最初のメキシコ人の親友)のアドリアナからは、当時メキシコのポップスをダビングしたカセットテープももらいました。もはやそのテープはどこへ行ってしまったのか(涙)残念ながら実家を探しても見当たらないのですが、そのテープに入っていて、意味も分からず何度も聴いていたTimbiricheというポップスグループの「Amame Hasta con Los Dientes」という曲を思い出し(確か他にこのテープには、ルイス・ミゲル、パンドラ、ユリとかが入っていたと思う)異様に聴きたくなったので、You Tubeで探してみたらありました〜。すごい!

ちなみにこの曲のタイトルを日本語に訳すと「歯まで使って愛して」なのですが、これまたその意味を初めて知った時、こんな愛を伝える言葉の表現が世の中に存在するとは!と驚いたことを思い出します。今日はバレンタインということで、その曲の歌詞もご紹介します。ちなみに今やメキシコ国民的アイドルのタリアやパウリーナ・ルビオもこのグループの出身です。

今日は久し振りに2児のママになってメキシコで幸せな生活を送るアドリアナにメールを送ってみようと思います。彼女は当時から付き合っていた私もよく知る彼・ヘラルドと結婚したからこれまたすごいのですが。。。写真はアドリアナの子ども エドワルドとアンドレアです。2人ともアドリアナにそっくりでとってもカワイイ。エドワルドは今柔道を習っていて、将来日本の私のところに遊びに来るのが彼の夢だと聞いたときは本当に嬉しかったです。アドリアナと出会って今年で18年になるけど、もう5年位会っていないので、凄く会いたいです。

■You Tubeの Timbiriche『Amame hasta con los dientes』は
コチラ(ライブ版 / music video版)からどうぞ

『Amame hasta con los dientes』
by Timbiriche

Dicen que soy un reventado
sin camino sin razon
dicen que estoy perdido
tu que crees...

Dicen que soy alucinado
fuera de realidad
todo es tan relativo amor
no lo ves...

no escuches mas... solo amame...
no pienses mas.. y.. amame...
no te preocupes por lo que digan los demas
muerdeme un labio... amame
jalame el pelo... amame
amame hasta con los dientes
amame hasta que revientes
pero amame.... AMAME..
| 音楽 | 09:13 | comments(9) | trackbacks(0) |
ネットでラテン音楽鑑賞
今更という感じかもしれませんが、最近初my i-podを手にし、ネット上でラテン音楽探しに嵌ってしまっている今日この頃。i-podのお陰で、家で過ごす時間だけでなく、お散歩やジョギングもより楽しくなりました。

音楽に関しては、メキシコの音楽だけにこだわらず、ラテン音楽全般何でも好きなので、メキシコの音楽には詳しくありませんが、オススメラテン音楽サイトを幾つかご紹介します。

iTune Latino
昨年11月より、アメリカのiTuneのサイトにラテン音楽のコーナーが新設されました。
ページ左上のiTune ShopのメニューからiTune Latinoをクリック。
日本でも人気のJuanesやShakiraは勿論、昔懐かしラテンポップスの試聴まで出来ます。

MP3 Latin
ラテングラミーなどのニュースも見れるMP3ダウンロードサイト
ページ全体も見易くまとまっているし、iTuneダウンロードも出来るのが魅力

Radio Chango
ヨーロッパで活躍する主にRock en Espanolバンドの音楽情報サイト
Cafe Tacuba、El Gran Silencio、Los Fabloso Cadillac、Los de Abajo
など、私の好きなラテンロックバンドも多数所属
Real Playerで関連イベントコンサートの模様も聴けます

Luaka Bop
こちらは元トーキングヘッズのDavid Byrnが発掘してくる
若手実力派ワールドミュージックアーティストが集まるNYの音楽レコード会社
ここで世に名を挙げ、独立したり、大手レコード会社に移籍していくアーティストも多い
ラテンアメリカの音楽全般をくまなく聴いてみたいとい人にはオススメ!
フルでサンプルアルバムが聴けちゃったりします。
特に個人的にオススメするアーティストは
Los Amigos Invisibres, Zap Mama, Suzanne Baca, King Chango
David Byrnと今は亡きSelenaのデュエットは素敵!


話は変わりますが、好き嫌いに関係なく、一度聴いたら頭を離れない曲ってないでしょうか?ここ数日の私のそれは、ShakiraとAlejandro SanzのLa Tortura。前回のメキシコ滞在中は何処へいってもこの曲がかかっていたのを思い出します。ご興味のある方はコチラのyou tubeからどうぞ。笑 ビデオクリップではどうしてもShakiraのセクシーさが目立っていますが、渋カッコイイ&キュートなAlejandro Sanzに注目です!笑
  
| 音楽 | 23:22 | comments(2) | trackbacks(0) |